ピーター・ドラッカー氏(オーストリア人経営学者。マネジメント研究の第一人者)の言葉です。

「私は」でなく「われわれは」を考える

野球は団体競技なので常にチームプレーを心がけるべきです。

もちろん、攻撃時に打席に入れば対ピッチャーとの個人プレーになりますし、

守備の時、投手であれば対バッターとの個人対決の連続であると言えます。

しかし、攻撃は「打線」という言葉がある通り、次の打者次の打者へとつながってこそ、その攻撃のパワーは大きなものになります。

また守備もそれぞれのポジションの連携が出来てないと、相手にスキをつかれて得点を取られてしまうでしょう。

次に繋ぐバッティング。

バックを信頼する守備やピッチング。

常に「僕のチーム」ではなく、「僕たちのチーム」という意識でいることが、

みんなを勝利に導いてくれることでしょう。
3268803
写真素材-フォトライブラリー