イチロー選手(MLBマイアミ・マーリンズ)の言葉です。 彼が小学校を卒業する時に書いた卒業文集には強い信念とみなぎる自信がうかがえます。
ぼくの夢は一流のプロ野球選手になることです。

そのためには中学、高校と全国大会に出て活躍しなければなりません。活躍できるようになるためには練習が必要です。僕は3才の時から練習を始めています。3才から7才では半年くらいやっていましたが、3年生の時から今までは365日中360日は激しい練習をやっています。

だから、一週間中で友達と遊べる時間は5、6時間です。

そんなに練習をやっているのだから、必ずプロ野球選手になると思います。そして、その球団は中日ドラゴンズか、西武ライオンズです。ドラフト一位で契約金は一億円以上が目標です。僕が自信のあるのは投手か打撃です。

去年の夏、僕たちは全国大会に行きました。そして、ほとんどの投手を見てきましたが自分が大会ナンバーワン選手と確信でき、打撃では県大会4試合のうち ホームラン3本を打てました。そして、全体を通した打率は5割8分3厘でした。このように自分でも納得のいく成績でした。そして、僕たちは一年間負け知ら ずで野球ができました。だから、この調子でこれからもがんばります。

そして、僕が一流の選手になって試合に出られるようになったら、お世話になった人に招待券を配って応援してもらうのも夢の一つです。

とにかく一番大きな夢は野球選手になることです。
イチロー選手は天才だから、自分とは違うから…と思う人もいることでしょう。

確かに彼ほどの選手になれる人は数十年に一人の逸材と言えます。

しかしここで感じて欲しいのは、彼ほどの大選手が小学生の時にどのような考え方をしていたか、と言うことです。

イチロー選手の夢には、具体的な内容が書かれています。

 「いつまでに、何を、どうする」ということが、キチンと自分の中で定まっているか。それに向かって努力をしているか。 それを自らにあてはめて考えて下さい。

 夢をイメージ出来るか。 もし具体的に強くイメージ出来る夢があるならば…それは叶うことが約束されたようなものです。

 夢に向かって、頑張って下さい。
530888
写真素材-フォトライブラリー